Führer
小説 映画 などなどから こころにのこったことばを メモするのみのばしょ。

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / スポンサー広告 / /

54

吠えてばかりいる素直な君


【人づて】
2006.11.24 / / TB(0) CM(0) /

53

私がそんな仕草すら好きだと思っていることを彼は知らない


【人づて】
2006.11.15 / / TB(0) CM(0) /

52

20061110033626
覚えてさえいればそれは永遠に存在するのだろうか?
大切にしている夢はシャボンのようにもろく、
喜びに満たされたと感じるそのときには
もうそこに悲しみが浮かび上がってくる。

見えなかったものも、見えるようになることがある。
忘れていたことも、思い出すことがある。
風は、ときに心をゆらすけれど、
黒い雲を吹きはらってもいく。
そして月は空から
いつも優しく君を見守る。

【君といたとき、いないとき】
2006.11.10 / 未分類 / TB(0) CM(0) /

HOME
Photo & Template by days*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。