Führer
小説 映画 などなどから こころにのこったことばを メモするのみのばしょ。

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / スポンサー広告 / /

45

私がいつも泣きそうになるのは、山田さんの小説が大人のための、さらにいえば、体のどこかに依然として不安な子供のままの自分を抱えている大人(そうでない大人が本当にいるのかどうか知らないが)のための、小説だからだと思う。
子供よりも大人の方がやさしいし、ずっと善良だし心弱いのだと、山田さんは知っている。だからこそ大人は恋をするのだし、大人には友達が必要なのだ。それはとても孤独なことだけれど、同時にものすごく甘美で、たぶん人生でいちばん素敵なことなのだと思う。


【読書日記 『山田詠美 トラッシュ』】江國 香織

スポンサーサイト
2006.10.17 / 未分類 / TB(0) CM(0) /
46 / Führer / 44

COMMENT

COMMENT POST







 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://akiponakipon.blog78.fc2.com/tb.php/45-f97a24d6

HOME
Photo & Template by days*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。